前市長が再審請求へ 受託収賄などの罪で有罪判決 岐阜・美濃加茂市

この記事をシェア

  • LINE
岐阜2021.11.23 09:54

賄賂を受け取った罪に問われ、有罪判決が確定した岐阜県美濃加茂市の前市長が、裁判のやり直しを請求することがわかりました。

美濃加茂市の藤井浩人前市長は、市議会議員だった2013年、市内の中学校に浄水装置を設置する便宜を図った見返りに、現金30万円を受け取った罪に問われ、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決が確定しました。

弁護士などによりますと、裁判では「現金を渡したと聞いた」などとする贈賄側業者の友人男性の証言が重要な証拠となりましたが、去年10月ごろ、弁護士が男性に確認したところ「検事の話に基づき証言をしていて記憶に基づくものではない」などと証言を否定したということです。

藤井前市長は証拠能力はないとして、11月30日に名古屋高裁に裁判のやり直しを求めるとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース