産業廃棄物約32トンを不法投棄などの疑い 男3人逮捕 愛知・新城市

この記事をシェア

  • LINE
愛知2021.11.24 18:56

愛知県新城市の田んぼに産業廃棄物約32トンを不法投棄したなどとして24日、男3人が逮捕されました。

廃棄物処理法違反の疑いで逮捕されたのは、愛知県豊橋市のコンクリート製造工場・工場長、長神義弘容疑者(53)と、社員・徳升繁樹容疑者(52)、不動産建築会社・役員、藤城実男容疑者(74)です。

警察によりますと、長神容疑者と徳升容疑者は今年3月から5月の間に8回、コンクリートくず約32トンの処分を県の許可を得ていない藤城容疑者に委託し、藤城容疑者はそのコンクリートを新城市内の田んぼに不法投棄した疑いがもたれています。

警察は3人の認否を明らかにしていません。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース