父親に暴行した息子逮捕 父親は外傷性ショックで死亡 三重・鈴鹿市

この記事をシェア

  • LINE
三重2021.02.20 02:02

 三重県鈴鹿市で、71歳の父親に顔を殴るなどの暴行を加え、けがをさせたとして、47歳の息子が逮捕されました。父親はその後、死亡しました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは、金兒信行容疑者(47)です。

 警察によりますと、金兒容疑者は、18日午前3時ごろ、自宅で、父親の茂さん(71)に、馬乗りになって顔を殴るなどの暴行を加え、けがをさせた疑いがもれていて「イライラしてやった」と容疑を認めています。

 19日朝、寝室の床に倒れている茂さんを妻が見つけ、消防に通報しましたが、死亡が確認されました。

 司法解剖の結果、茂さんの死因は外傷性ショックとわかり、警察は容疑を傷害致死に切り替え、原因を詳しく調べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース