“政活費”約300万円でずさんアンケート 市議が謝罪 三重・津市議会

この記事をシェア

  • LINE
三重2021.11.23 09:52

三重県津市議会の最大会派「市民クラブ」が政務活動費を使って依頼したアンケートで、ずさんな点が見つかったとして22日、市議が謝罪しました。

この問題は津市議会「市民クラブ」が民間業者に委託して行ったアンケート調査で、津市には存在しない「区役所」について記載されているなど不自然な点が見つかったものです。

アンケートを依頼した福田慶一市議が、22日に会見を開き、謝罪しました。

「私が至らない点がありましたので、大いに反省したいと思っております。誠に申し訳ありませんでした」(福田慶一市議)

アンケートには去年までの5年間に税金を原資とする政務活動費から総額約300万円が支払われていて、請け負った業者は「調査は実際に行ったが当時の資料は残っていない。転記する際にミスが生じたのだと思う」と説明しています。

この業者は不適切なアンケートの費用約203万円を返金する方針だということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース