森林と野生動物を学ぼう 子どもたちが山で体験 愛知・新城市

この記事をシェア

  • LINE
愛知2021.11.25 19:00

愛知県新城市で25日、子どもたちが森の大切さや野生動物について学びました。

実際に木を切り倒したり、イノシシやシカを捕らえる罠の仕組みを学んだのは、新城市の小学5年生。

総合学習の授業の一環で行われたもので、講師は、地元の山を知ることで、野生動物や環境問題について考えてもらいたいと話していました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース