自転車事故から守るため 高校生がヘルメット着用を啓発 愛知・春日井市

この記事をシェア

  • LINE
愛知2022.01.12 10:39

愛知県で自転車のヘルメット着用が努力義務になったことを受け、警察などが春日井市の高校生に啓発を依頼しました。

11日、「自転車安全利用促進モデル校」の委嘱状が送られたのは、愛知県立春日井工科高校です。

去年10月から自転車に乗る際に努力義務となっているヘルメット着用を高校生にも広めてもらおうという狙いで行われました。

「自分たちの命を守るためだけではなくて運転する自動車側のことも考えてヘルメットの着用をしていきたい」(春日井工科高校 生徒会長 保浦光希さん)

春日井警察署管内では、去年の交通事故死傷者のうち、自転車利用者の割合が県内ワースト3位となっています。

高校では生徒会を中心に自転車の安全運転について呼びかけていくということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース