6歳女児にわいせつ行為か、ブラジル人の男逮捕 三重・鈴鹿市

この記事をシェア

  • LINE
三重2021.09.14 09:47

 三重県鈴鹿市で、6歳の女児にわいせつな行為をしたとして、同市高岡台に住むブラジル国籍の派遣社員、カサロチ・ジュニオル・アデマル容疑者(45)が13日、強制わいせつ容疑で逮捕されました。

 警察によるとカサロチ容疑者は今年6月、鈴鹿市のアパートで、女児(6)にわいせつな行為をした疑いがもたれています。女児が友人の家に遊びに行った際に、カサロチ容疑者がその家を訪れ、被害に遭ったということです。

 カサロチ容疑者は、調べに対し「一緒に遊んでいたが、わいせつなことはしていない」と容疑を否認。警察で詳しい状況を調べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース