他人のキャッシュカードで約1683万円窃盗 病院職員の男再逮捕 愛知県警

この記事をシェア

  • LINE
愛知2021.10.14 09:24

不正に入手した他人のキャッシュカードを使い、約1683万円を盗んだとして13日、病院職員の男が再逮捕されました。

窃盗の疑いで再逮捕されたのは、名古屋市名東区の病院職員・殿山周平容疑者(40)です。

警察によりますと、殿山容疑者は去年36回にわたり、現金約1683万円を引き出して盗んだ疑いがもたれています。キャッシュカードは去年死亡した84歳男性のもので、殿山容疑者が勤める病院に入院していたということです。

調べに対し殿山容疑者は、「おろしたのは事実ですが盗んではいません」などと容疑を否認しています。

男性の口座からは1億円以上がなくなっているほか、殿山容疑者の車や勤務先などからは、他にも2人分のキャッシュカードが見つかっており、警察が関連を調べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース