「韓国民団」と「韓国学校」の 配水管に火をつけ壊した疑い 男(22)逮捕

この記事をシェア

  • LINE
愛知2021.10.14 17:11

名古屋市中村区の「韓国民団愛知県本部」の雨どいの排水管などに火をつけ壊したとして、奈良県に住む病院職員の男が逮捕されました。

器物損壊の疑いで逮捕されたのは、奈良県桜井市に住む病院職員・有本匠吾容疑者(22)で、今年7月、中村区にある「韓国民団愛知県本部」と、隣接する「名古屋韓国学校」の雨どいの排水管に火をつけて壊した疑いがもたれています。

警察は、有本容疑者の認否を明らかにしていませんが、周辺の聞き込みなどから有本容疑者が浮上したということで、動機などを調べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース