災害時の電源としてプラグインハイブリット車を活用へ 愛知・春日井市

この記事をシェア

  • LINE
愛知2021.09.14 18:52

 愛知県春日井市は14日、警察署や自動車販売店ら11社と、災害時、電力供給が可能な自動車・プラグインハイブリット車などを円滑に配備できるよう、協定を締結しました。

 停電が発生した際、避難所のほか信号機などにも「電源」として活用が期待できるということです。

 市は災害時に備え、今後も連携を強めていきたいとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース