藤井聡太竜王5つ目タイトル目指す 王将戦第1局2日目 夕方以降決着

この記事をシェア

  • LINE
愛知2022.01.10 12:06

愛知県瀬戸市出身の藤井聡太四冠が、5つ目のタイトルを目指す王将戦七番勝負の第1局2日目が行われています。決着は10日の夕方以降につくとみられています。

静岡県掛川市で9日から始まった王将戦七番勝負の第1局は、藤井聡太四冠が、現在、王将のタイトルを持つ渡辺明三冠に挑んでいます。

2日目の10日は、9日に藤井四冠が次の一手を封じていた封じ手が開封され、対局が再開されました。

史上初の三冠と四冠のタイトル戦となった今回の王将戦は、藤井四冠がタイトルを獲得すると、これまで3人しか成し遂げていない五冠達成の偉業を史上最年少の10代で成し遂げることとなります。

王将戦は先に4勝した方がタイトル獲得となります。

第1局の決着は10日夕方以降につくとみられています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース