古本氏が不出馬表明 “全トヨタ労連”の方針転換が背景 衆院選 愛知11区

この記事をシェア

  • LINE
愛知2021.10.14 19:05

愛知11区で6回連続して当選を果たしてきた無所属の古本伸一郎さん(56)が、今月31日投開票の衆院選に立候補しない意向を明らかにしました。

トヨタ自動車出身の古本さんは、これまで全トヨタ労働組合連合会の全面支援を受けてきましたが、全トヨタ労連がカーボンニュートラルなどの重要課題に対応するため、超党派の議員との連携を進めていて、今回は同じ選挙区に出馬予定の自民党候補者との対立を避けた形となりました。

愛知11区には自民党の八木哲也さん、共産党の本多信弘さんが出馬を表明しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース