東日本大震災から10年 小学校で命を守る避難訓練 三重・尾鷲市

この記事をシェア

  • LINE
三重2021.02.22 19:00

 東日本大震災から間もなく10年。命を守るための避難訓練を行いました。

 三重県尾鷲市の宮之上小学校で22日、津波を想定した避難訓練が行われました。小学校は海抜9メートルの高さに建てられていて、南海トラフ巨大地震では20分以内に最大17メートルの津波が想定されているため、年に10回ほど、避難訓練を行っています。

 今回の訓練は、児童には事前に知らせずに行いましたが、約4分で高台に到着することができました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース