横断歩道渡っていた女性 車にはねられ死亡 運転の男を逮捕 愛知・豊田市

この記事をシェア

  • LINE
愛知2022.01.11 12:02

11日朝、愛知県豊田市の交差点で横断歩道を渡っていた71歳の女性が車にはねられ、その後、死亡しました。警察は、車を運転していた28歳の男を現行犯逮捕し、事故の原因を調べています。

警察によりますと、11日午前6時15分ごろ、豊田市水源町の信号のある交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた女性が左側から走ってきた乗用車にはねられました。女性は、豊田市のパート・宇野末子さん(71)で、搬送先の病院で死亡しました。

警察は、乗用車を運転していた豊田市の会社員・清水太一容疑者(28)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

調べに対し清水容疑者は容疑を認めていて、警察が事故の原因を詳しく調べています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース