修学旅行の積立金など約68万円を横領 事務職員(24)を懲戒免職 岐阜県

この記事をシェア

  • LINE
岐阜2021.11.22 16:27

修学旅行の積立金など約68万円を横領したとして、小学校の男性事務職員が懲戒免職になりました。

岐阜県教育委員会によりますと、22日付で懲戒免職処分となったのは、高山市立宮小学校の事務職員・水野伸哉主事(24)で、ことし4月から9月までの間に、保護者から集めた教材の購入費や修学旅行の積立金など約68万円を横領したということです。

水野主事は「遊ぶ金がほしかった」と話し、すでに全額を弁済しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース