鬼滅の刃類似グッズ約1500万円売上か ゲームセンター運営会社ら書類送検

この記事をシェア

  • LINE
愛知2021.11.23 09:56

人気アニメ「鬼滅の刃」の類似グッズを愛知県蟹江町のゲームセンターで取り扱ったとして、運営会社などが書類送検されました。

書類送検されたのは、蟹江町のゲームセンターを運営する会社と、その女性社長(36)、元ゲームセンター店長(42)の2人です。

警察によりますと、女性社長らは去年10月、人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターの模様と類似するポロシャツなど合わせて60点をクレーンゲームの景品として取り扱った疑いがもたれています。

ゲームセンターでは、これらのグッズで約1500万円を売り上げていたとみられていて、2人はいずれも容疑を認めているということです。

これらのグッズは、今年7月、愛知県警に摘発された輸入販売会社「レッドスパイス」から流通したものとみられ、ゲームセンターに販売していたとされる岐阜市と清須市の業者なども書類送検されています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース