「毒物」など取り扱う資格試験で出題ミス 全員正解で2人追加合格 岐阜県

この記事をシェア

  • LINE
岐阜2021.10.08 19:09

今年8月に行われた「毒物」や「劇物」を取り扱う資格試験で、出題ミスがあったことがわかりました。

岐阜県によりますと、今年8月に行った「毒物劇物取扱者試験」で、5つの選択肢から正解を1つ選ぶ問題で、選択肢の中に正解がないことがわかりました。

9月、合格者を発表した日に、県立農業大学校の職員が正解がないことに気づき、ミスが発覚。その問題は全員が正解となり、2人が追加合格しました。

県は今後、チェック体制を強化するとしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース