スクールカウンセラー増員し生徒の心のケア 愛知・弥富市 中3刺殺事件

この記事をシェア

  • LINE
愛知2021.11.26 12:09

愛知県弥富市の中学校で男子生徒が包丁で刺され死亡した事件を受け、中学校では、愛知県からスクールカウンセラーの派遣を受けるなどして、生徒たちの心のケアに力を入れることにしています。

弥富市で起きた事件では、中学3年の男子生徒が教室近くの廊下で、包丁で刺されて死亡しました。

弥富市教育委員会によりますと、事件を受け、体調を崩して欠席した生徒が、25日は全校で11人、26日は8人いたということです。

こうしたことから、教育委員会は、愛知県にスクールカウンセラーの派遣を依頼し、通常より増員して心のケアにあたることを決めました。

また、弥富市内の別の学校にも、名古屋市からスクールカウンセラーが派遣されるということです。

中学校の校長は、「生徒たちが安心して生活できるよう取り組む」と話しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース