東海地方は春の陽気 名古屋19.1度、尾鷲では5月中旬並み

この記事をシェア

  • LINE
愛知2021.02.21 19:35

 東海地方は21日、名古屋市では最高気温が19度を超えるなど4月中旬並みの陽気となりました。

 名古屋市北区の名城公園では、春めいた陽気のもと半袖姿の家族連れなどが散策を楽しんでいました。

 訪れた人たちは「すごくあったかいですよね」「子どもと一緒に走ってたんで汗かいちゃいましたね」「もう半袖で十分です」と話していました。

 各地の最高気温は、名古屋市で19.1度、岐阜県多治見市で19.4度、特に三重県尾鷲市では22.5度を観測し、5月中旬並みの暖かさとなりました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース