愛知で火事相次ぐ マンションと住宅で火事 2人死亡

この記事をシェア

  • LINE
愛知2022.01.10 12:07

9日夜、名古屋市千種区と愛知県安城市で火事が相次ぎました。この火事で合わせて2人が死亡しました。

警察などによりますと、9日午後6時20分ごろ、名古屋市千種区春里町のマンションの住人から「窓を開けたら煙が漂ってにおいがした」などと119番通報がありました。

火は約1時間40分後に消し止められましたが、4階の一室から年齢性別不明の1人が病院に搬送され、約1時間後に死亡しました。この部屋に住む森田星郎さん(88)と連絡が取れていないことから、警察は死亡したのは森田さんとみて調べています。

また、9日午後9時10分ごろ、安城市相生町で「住宅から火が出ている」と119番通報がありました。

火は約5時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。この住宅で1人暮らしの86歳の男性と連絡が取れておらず、警察が確認を急いでいます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース