換気を徹底した授業でコロナ対策、大村知事が視察 愛知県立芸術大学

この記事をシェア

  • LINE
愛知2021.09.14 16:40

 愛知県の大村秀章知事が14日、県立芸術大学(愛知県長久手市)を訪れ、換気を徹底して授業を行う現状を視察しました。

 愛知県立芸術大学では、コロナ禍の中で演奏などの授業を対面で行うため、教室内の空気を10分で全て入れ替える感染対策を続けています。

 大学では、スモークマシンを使って空気を見える化し、効率的な換気方法を検証していて、大村知事がその様子を視察しました。

 大学では800台のサーキュレーターを導入、これまでに大学内での感染拡大は確認されていないということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース