障害者スポーツの体験交流会

この記事をシェア

  • LINE
秋田2021.10.13 19:02

障害者スポーツを通じて障害がある人への理解を深めてもらおうと秋田市で体験交流会が行われました。介護などを学ぶ専門学校生が参加し、視覚障害がある人と一緒にサウンドテーブルテニスを楽しみました。

体験交流会は県と秋田県害者スポーツ協会が毎年開いているもので13日は介護などを学ぶ秋田社会福祉専門学校の学生が参加しました。

金属の入ったボールが転がる音を聞き、打ち返すサウンドテーブルテニス。返球する際に音が出やすいようにラバーのない木のラケットが使われていて視覚に障害がある人もない人も一緒に楽しめます。

秋田県障害者スポーツ協会は中学生を対象とした車いすバスケットボールの体験交流会も開くことにしていて様々な機会を通じて若い世代の障害に対する理解を深めていくことにしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース