SDGsのセミナー 県はパートナー募集

この記事をシェア

  • LINE
秋田2021.10.13 19:01

国連が掲げる持続可能な開発目標=SDGsへの取り組みを県内でも拡大させようと秋田市でセミナーが開かれました。県はともにSDGsに取り組むパートナーとなる企業・団体の募集を始めています。

セミナーには県内企業のほか、市町村やNPO、大学の関係者などオンラインも含めおよそ250人が出席しました。

企業の顧問で環境問題に詳しい佐野郁夫さんがオンラインで地域創生とSDGsについて講演し「雇用やインフラ、女性の活躍など地域の抱える課題はSDGsと共通性がある」と指摘しました。

セミナーでは7月に就任した県の陶山さなえ理事が県が重点的に取り組む項目として多様性に満ちた社会づくりと女性活躍の推進、脱炭素社会の実現と経済活性化を挙げました。官民一体となって取り組むことの必要性も訴えています。

SDGsの県内でのすそ野拡大を目指し県は今月から「秋田県SDGsパートナー登録制度」の募集を始めました。すでに30以上の企業・団体が登録を申請していて、県はSDGsに取り組む企業同士の連携によって持続可能な地域づくりを促進したい考えです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース