横手市長選挙が告示 3人による選挙戦スタート

この記事をシェア

  • LINE
秋田2021.10.11 18:54

 任期満了に伴う横手市長選挙が10日、告示されました。

 県内第二の人口規模の横手市。現職と新人2人の合わせて3人による選挙戦が始まっています。

 横手市長選挙に立候補しているのは、届け出順に新人で旧横手市議会議員の加藤完二氏70歳、現職で3期目を目指す高橋大氏45歳、新人で元横手市議会議員の奥山豊和氏41歳のいずれも無所属の3人です。

 旧横手市議会議員の加藤氏は、選挙カーを使っての遊説は行わず、インターネットなどを通して自らの考えを訴え、現在の市政からの転換を訴えています。

 3期目を目指す現職の高橋氏は、にぎわいづくりとして体育館や市民会館の移転・新築を公約に掲げています。

 国会議員の秘書を経て横手市議会議員を務めていた奥山氏。地域の要望にスピード感をもって対応すると訴えます。

 県内第二の人口規模の横手市。有権者は9日現在で7万5542人です。

 ほかの市町村と同様に人口が減り続ける中、いかに持続可能で活力あるまちづくりを進めていくかが課題です。

 横手市長選の投票は10月17日に行われ、即日開票されます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース