除雪車量の出動式 “早めのタイヤ交換を”

この記事をシェア

  • LINE
秋田2021.10.14 18:56

 14日の県内、日中は青空が広がり汗ばむような陽気となったところもありましたが、こちらは冬に向けスタンバイオーケーです。

 高速道路での作業を担う除雪車両の出動式が横手市で行われ、関係者が作業の安全を誓いました。

 NEXCO東日本横手工事事務所で行われた出動式には、除雪車両のオペレーターや警察官など、およそ120人が参加しました。

 14日は、出動式に先立って地元の保育園の園児による除雪車両の見学会が開かれました。

 出動式に集められた除雪車両はおよそ50台。

 秋田自動車道の協和から岩手県の湯田までと、湯沢横手道路の横手から湯沢までの合わせておよそ80キロの区間の除雪にあたります。

 大雪となった昨シーズンの出動回数は850回を超え、前のシーズンのおよそ2倍でした。

 去年の初除雪は11月3日。

 NEXCO東日本は、まもなく訪れる降雪シーズンに向けて準備を進めるとともに、ドライバーには早めのタイヤ交換を呼びかけています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース