高校野球 秋の東北大会組み合わせ決まる

この記事をシェア

  • LINE
秋田2021.10.14 18:56

 来年春のセンバツ甲子園につながる高校野球・秋の東北大会の組み合わせが決まりました。

 各県の県大会を勝ち上がった18校が出場する高校野球の東北大会、10月20日に宮城県で開幕します。

 初出場の秋田第2代表大館桂桜は、初戦で宮城第3代表の聖和学園と対戦します。

 2年ぶりに秋の県大会を制した能代松陽は大会2日目、2回戦からの登場です。

 岩手第2代表の久慈東と顔を合わせます。

 秋田第3代表の大曲工業は、大会初日に青森第3代表の東奥義塾との1回戦に臨みます。

 例年、東北大会の上位2校は春のセンバツ甲子園に出場しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース