市立秋田総合病院 一部診療が再開

この記事をシェア

  • LINE
秋田2021.02.22 13:19

新型コロナウイルスのクラスターが発生して以降、休止が続いていた秋田市の市立秋田総合病院の診療が一部再開しました。発生から1か月以上経過してのようやくの再開です。

市立秋田総合病院によりますと22日に再開したのは、予約した患者の外来診療の一部、新規の入院の受け入れ、それに検査・手術の一部です。

市立秋田総合病院では先月15日に新型コロナウイルスへの最初の感染が判明して以降、52人の感染が確認されました。今月6日以降は新たな感染確認がなく、病院は、先週「院内クラスターが終息した」と発表していました。休止から1か月以上経過してのようやくの診療再開です。

新規患者の外来診療も来月1日から再開しますが、受診の際は当面、予約が必要です。また検診や人間ドッグも4月1日からの再開を予定しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース