“災いを幸運にかえる”横手市で鷽替え祭り

この記事をシェア

  • LINE
秋田2021.02.23 19:23

23日、横手市の神社で災いを幸運にかえるという「鷽替え神事」になぞらえた祭りが行われました。

横手神明社で行われた「鷽替え祭り」。会場には無料の屋台も並び地元の家族連れなどでにぎわいました。

祭りのメインイベントは、当たりとはずれがある札を中身が分からないまま次々に交換していくというもの。例年は訪れた人同士が交換しあいますが、今年は新型コロナウイルス対策のため、来場者同士の交換を避けて行われました。

札はそれぞれが好きなタイミングで1度だけ開封し、当たりが出ればお守りと交換できます。

この祭りは、横手神明社にも祀られる学問の神様、菅原道真ゆかりとされる鳥の「鷽」と偽りを意味する「嘘」をかけて、過去の災いが幸福に替わるよう祈念する「鷽替え神事」になぞらえて行われています。

横手神明社は「普段関わりの少ない神社を身近に感じてもらう機会にもなれば」と話していました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース