岩手・奥州市の死体遺棄事件 被害女性失踪当時「妊娠」との話も

この記事をシェア

  • LINE
岩手2020.06.30 20:19

奥州市の山林で白骨化した女性の遺体が見つかった事件の続報です。遺体で見つかった女性は失踪当時、妊娠していたという話が同僚の間で出ていたことがわかった。4月、奥州市前沢の山林で骨の一部が見つかり、遺体は一関市萩荘の医療事務員・千葉恵さん(当時36)と判明した。千葉さんは去年5月31日早朝、夫と些細な口論となったことから家に車を置いて外出し、勤務していた市内の病院を無断欠勤したまま行方不明となっていた。知人によると、失踪当時、千葉さんが妊娠していたという話が同僚の間で出ていたという。警察は、千葉さんが失踪当日、何らかのトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて、殺人容疑も視野に捜査を進めている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース