岩手・女性死体遺棄事件 行方不明当日にトラブルか?

この記事をシェア

  • LINE
岩手2020.06.29 13:16

ことし4月、岩手県奥州市の山林で白骨化した女性の遺体が見つかった事件で、警察は女性が行方不明となった当日に何らかのトラブルに巻き込まれた可能性もあるとみて捜査している。ことし4月、奥州市前沢の山林で骨の一部が見つかり、遺体は一関市萩荘の医療事務員、千葉恵さん当時36歳とわかった。去年5月31日の早朝、車を置いて家を出た千葉さんは、勤務していた一関市内の病院を無断で欠勤。その日の午前中に同居する夫が千葉さんの携帯に「LINE」でメッセージを送ったが「既読」はつかず、家を出たあとから足取りはつかめていない。千葉さんの携帯電話や財布は見つかっておらず、捜査本部は行方不明となった当日にトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて、足取りを追っている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース