岩手・新型コロナで県内企業の約8割が売り上げ減少

この記事をシェア

  • LINE
岩手2020.06.29 13:09

新型コロナウイルスの影響で、県内企業の約8割が、先月の売り上げが前の年に比べて落ち込んでいたことがわかった。これは信用調査会社東京商工リサーチが、先月下旬から今月上旬にかけて全国の企業を対象に行ったアンケートのうち県内206の企業の回答を集計、分析したもの。それによると、新型コロナウイルスの影響で5月中の売り上げが前年の同じ時期に比べて減少した県内企業は84.5パーセントで、2月から実施してきたアンケートのうち最悪の結果となった。また、「新しい生活様式」が業績に悪影響を及ぼしたと考える企業も36.1パーセントにのぼっている。東京商工リサーチは「今後も、景気刺激策や消費意欲を高める施策などの公的な支援が欠かせない」としている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース