妙高山が白化粧 去年より18日早い初冠雪

この記事をシェア

  • LINE
新潟2020.10.17 17:29

 妙高山で17日朝、初冠雪が観測された。暖冬だった去年より18日早い観測だ。
 
 標高2454メートルの妙高山。
 17日朝、上越市から山頂付近の山肌を見上げるとうっすらと白い雪に覆われていた。
 妙高高原ビジターセンターによると、去年より18日早いものの、この時期の初冠雪は例年並みだという。
 住民の男性は「ちょっと白くなったね。ここのところ3日、4日急に寒くなったような感じがする」と話した。
 17日の最低気温は妙高市関山で9テン4度。
 前日ほどの冷え込みはなかったものの、上空は寒気の影響で気温が下がったとみられる。
 焼山と火打山でも17日、初冠雪が確認されている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース