佐渡市でシャクナゲの花が見ごろ

この記事をシェア

  • LINE
新潟2020.06.29 14:46

 初夏を彩るシャクナゲの花が佐渡市で見ごろを迎え、訪れる人たちの目を楽しませている。

 佐渡市両津地区にある標高940メートルのドンデン山は、シャクナゲの群生地として知られている。
 佐渡に自生するシャクナゲはハクサンシャクナゲという種類で、6月中旬から7月上旬にかけ、ひとつのつぼみに小さな花を5輪から15輪ほどつける。
 28日は高原にさわやかな風が吹き抜けていて、訪れた人は、可憐に咲く花を楽しんでいた。
 花を見に来た地元の人からは「すごくリフレッシュできますし、緑が多いのでリラックスもできて、気分転換になりました」といった声が聞かれた。
 ドンデン山のシャクナゲの花は7月上旬頃まで楽しめるという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース