「町長解職請求」の動きも 文献調査とマチのこれから

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.11.18 19:39

北海道寿都町・神恵内村の文献調査は17日から始まり、期間は最大で2年間、論文や地質図から机上で調査を進めていく。NUMOは両自治体に、住民と対話が出来る拠点を新たに設置する計画がある。寿都町では、反対派の町民から片岡町長のリコール・解職請求に向けた動きもあります。リコールは有権者の3分の1、839人以上の署名を集めたあと、住民投票が実施されます。そして有効投票数の過半数で、町長は失職します。マチを二分する可能性もあるリコールの動き。文献調査が始まっても核のごみ問題の火種はくすぶったままです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース