全国初の調査開始「核のごみ」最終処分場選定 寿都・神恵内で「着手」

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.11.18 13:42

高レベル放射性廃棄物「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、北海道・寿都町と神恵内村で文献調査が開始されました。全国で初めてとなります。

18日朝、寿都町役場に姿を見せた片岡春雄町長です。

(寿都町 片岡春雄町長)「(Q文献調査の認可について?)これから始まりますね」

「文献調査の認可」について片岡町長は、しかるべき時にコメントすると語りました。核のごみの最終処分場選定をめぐる第1段階の「文献調査」については、寿都町と神恵内村が調査開始に向けた動きを見せていました。これを受け経済産業省は17日、原子力発電・環境整備機構=NUMOの事業計画の変更を認可しました。今後NUMOは候補地の調査を進めるとともに、寿都町と神恵内村に、住民と対話ができる拠点を新たに設置する計画だということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース