「核のごみ」文献調査を経産省が認可 寿都・神恵内で調査へ

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.11.17 19:45

「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり経済産業省は17日、寿都町と神恵内村での文献調査を認可しました。

高レベル放射性廃棄物・核のごみの最終処分場選定をめぐる第1段階の調査、文献調査については10月、寿都町が応募し、神恵内村は国からの申し入れを受諾しました。これをうけて経済産業省は17日、原子力発電環境整備機構=ニューモの事業計画の変更を認可しました。これについてニューモは、文献調査を始めることを明らかにした上で「調査期間中には放射性廃棄物は一切持ち込みません」とコメントしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース