感染者200人超で人の流れに変化 新千歳空港は10%減

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.11.15 11:57

新型コロナウイルスの感染者が3日連続で200人を超えた北海道内では、人の移動に変化が現れています。新千歳空港では、13日から14日にかけて、ひとの流れが10%少なくなりました。

新千歳空港には、15日朝も東京や名古屋などからの便が到着しましたが、団体客を除けば客の数は少なめでした。NTTドコモによりますと、新千歳空港の14日の人の流れは、13日に比べて10.8%減少しているということです。

(奈良県からの観光客)「マスク着用と消毒を徹底して、すすきのに泊まる予定だったのですが、(感染者が)多く出ているので、小樽にかえてもらった」

道内では新型コロナウイルスの感染者が3日連続で200人を超えていて、GoToキャンペーンのさなかではありますが人の移動には変化が出始めています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース