医師会が緊急会見「この状況があと1週間続くと医療崩壊につながる」

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.11.12 18:34

北海道医師会と札幌市医師会が12日、緊急記者会見を開き危機感を示し、改めて感染対策の徹底を呼びかけました。

(札幌市医師会 松家会長)「札幌市内は(新規患者が)増えていますけど、入院病床がひっ迫しております。この状況があと1週間続きますと、医療崩壊につながると思っています。医療崩壊がどういう状況かといいますと、要するに病気になった方が、入院する場所がないという状況になります。市民のみなさまが、自分たちの周りでできることをやっていただく。この新型コロナウイルス感染症に有効な手段はまだありません」
(北海道医師会 長瀬会長)「道民には感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫を改めてお願いし、社会活動が活発になるなか、3密や大声をあげる環境の回避、室内や人と接触する環境でのマスクの着用、人と人との距離を保つことや、換気など基本的な感染予防対策の徹底をお願いしたい」

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース