賽銭箱前の「鈴緒」は撤去 北海道神社庁が「初詣」の感染対策

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.11.10 18:08

初詣も「コロナ対策」です。北海道神社庁は10日、道庁を訪れ、初詣の参拝客に対する感染対策に協力を求めました。

(北海道神社庁 芦原髙穂庁長)「私共も初めての経験。(参拝者の)健康を守るためにもご協力を切に願う」

北海道神社庁では、正月の初詣について新型コロナウイルス感染対策のガイドラインを作成し、全道の神社に配布しています。ガイドラインでは鈴緒の撤去や使用の中止、お守りを渡す際は袋に入れてお盆などを使い間接的に渡したり、清めの手水はひしゃくを使用しないなど神社側の感染防止策が盛り込まれています。一方で、参拝者側へのマスクの徹底や参列時のソーシャルディスタンスが必要だとして、道にガイドライン周知への協力を求めました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース