十勝ワインの仕込み最盛期 ブドウ収穫量平年上回る見込み

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.10.17 21:26

北海道・池田町では十勝ワインの仕込み作業が最盛期を迎えています。

池田町にある十勝ワインの醸造所では、9月末から余市町産のバッカスなど道内で採れたブドウを使って仕込みが行われてきました。現在はケルナーなどの品種を加え、仕込み作業は最盛期を迎えています。ブドウの収穫量は平年を上回る400トンから450トンほどが見込まれ、熟成された白ワインは来年の春以降に地元や札幌の百貨店で販売されます。仕込み作業は10月末まで続く予定です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース