覚醒剤使用も追及 釧路町係長の男を送検

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.10.16 18:53

覚醒剤を自宅に所持していたとして逮捕された、北海道・釧路町に勤務する係長の男が、身柄を検察に送られました。警察は覚醒剤の使用についても男を追及しています。

覚醒剤取締法違反の疑いで身柄を検察に送られたのは、釧路町健康福祉部の係長・大沢直樹容疑者(48)です。大沢容疑者は14日に別事件の容疑で警察の家宅捜索を受けた際、袋に入った微量の覚醒剤が見つかり、自分の物と認めたため現行犯逮捕されました。警察は覚醒剤の使用や入手ルートについても、大沢容疑者を追及しています。家宅捜索の原因になった別の事件について、警察は詳細を明らかにしていませんが、この事件についても捜査を進める方針です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース