「その電話は詐欺」高齢者狙う「キャッシュカード詐欺」年金支給日は「危険」

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.10.15 18:56

15日は年金の受給日ですが、高齢者を狙った特殊詐欺が後を絶ちません。最近多いのが警察官などを名乗ってキャッシュカードをだまし取る詐欺です。実際に被害にあった高齢者の取材からみえてきたのは巧妙な詐欺の手口でした。

(被害にあった夫婦)「カード取りに来て渡さないといけないと思って、警察もこうなのかなと思って聞いていた」

旭川市内に住む70代と80代の夫婦です。先月22日、警察官を名乗る男女にキャッシュカードをだまし取られ現金550万円を奪われる被害にあいました。

「犯人を逮捕したところあなたのキャッシュカードが使われていました。カードを使えないようにするため女性刑事を向かわせます」

はじまりは1本の電話。警察官を名乗る男から夫婦のカードが犯罪に使われているとウソの電話があったのです。

(被害にあった夫婦)「「詐欺ではないの?」と言うと「違う違う」と言われて、残高と番号も(教えてしまった)」

個人情報などを聞き出す電話は3時間にも及び夫婦が疲れを感じてきたころインターホンがなりました。

「キャッシュカードを引き取りに来ました」

あらわれたのは私服の刑事を名乗る女。夫婦からカードをだまし取ったとして神田紗矢香容疑者27歳は事件後まもなく逮捕されました。

(被害にあった夫婦)「(切込みを)一か所入れただけで、こんな程度でいいんだと。切ったからこれは使えなくなると思って疑いもかけずに渡してしまった」

実はこれが詐欺の手口。カードに切り込みを入れましたが、ICチップには傷が入っていないため、お金を引き出すことができます。老後の資金を狙う卑劣で巧妙な特殊詐欺。決して他人事とは思わず、少しでもおかしいと思ったら警察などに相談することが必要です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース