受託文書をポストに投函 核のごみ・最終処分場 文献調査を年内開始へ

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.10.15 12:02

「核のごみ」の最終処分場選定を巡り、国からの文献調査実施の申し入れを受け入れた北海道・神恵内村は15日朝、受諾文書を国に郵送しました。神恵内村、寿都町ともに年内にも調査が始まる見通しです。

(山﨑記者)「時刻は午前9時、今役場の職員が受諾文書をポストに投函しました。」
「核のごみ」の最終処分場選定に向け、国からの文献調査実施の申し入れを受け入れた神恵内村は15日朝、受諾文書を郵送しました。文書は16日夜には経産省に届く予定です。

(村民)「前例がないからひとつひとつが新しいことなのかな。どういう進め方になるのかと思う」「複雑な思いもあるが、過疎が進んでいる村の状況を見ると文献調査を受け入れてもいいと思う」

NUMO=原子力発電環境整備機構は寿都町、神恵内村について、土地のデータを精査した結果、問題ないことを確認しました。今後、国が認可すれば両町村とも文献調査が始められる状況で、年内にも調査が開始される見通しです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース