ゴールド免許格下げも 速度データねつ造の手口

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.10.14 16:50

どのような手口で速度データをねつ造したのか、ご覧ください。本来の取り締まりでは、パトカーを停車させ、走行する車両にレーザーを照射することで速度を測ります。パトカーを速度超過の状態で走行させ、対象車両ではなく、電柱などにレーザーを照射させ、対象車両が違反をしたような記録をねつ造したとみられています。今回発覚した不正な取り締まりは47件確認されていて、免許停止、取り消しはないものの、ゴールド免許から格下げされたケースは3件。現在、違反点数や反則金の還付作業を進めているということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース