若い世代へ感染拡大「予断許さない状況」鈴木知事と札幌市長会談「マスク着用啓発活動」すすきので実施へ

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.10.14 12:24

新型コロナウイルスの感染が札幌の若者を中心に拡大するなか、鈴木知事と秋元市長が意見交換し、感染対策の連携を強化していくことを確認しました。

鈴木知事は14日朝に秋元札幌市長と会談し、新型コロナウイルスの感染状況について意見交換しました。知事は5段階ある警戒ステージのうち、現在の「1」から引き上げる考えはないとしていますが、現在は予断を許さない状況だと強調しました。
(鈴木知事)「札幌市と連携して取り組むことで、いまの局面をなんとか抑え込んでいきたい」
(秋元札幌市長)「札幌圏で感染拡大を抑えることが北海道全体の感染を抑えることにつながる」
道と札幌市は今後、すすきの地区で「マスク着用啓発活動」を実施するなど連携を強化していくことにしています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース