十勝岳連峰に12日入山 千歳市の73歳男性が遭難か

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.10.14 07:22

十勝岳連峰に12日、登山に入った70代の男性が13日になっても下山しないため、警察では遭難したとみて14日朝から捜索をしています。

行方が分からなくなっているのは千歳市の瀬戸口孝年さん73歳です。警察によりますと瀬戸口さんは12日午前7時半ごろ、1人で上富良野町の凌雲閣登山口から十勝岳連峰に入山しました。瀬戸口さんはこの日のうちに下山する予定でしたが、13日夜になっても帰宅しないため家族が通報したということです。登山口の駐車場には瀬戸口さんの車が確認されましたが、携帯電話はつながらない状態だということです。警察と消防では14日午前5時半から瀬戸口さんの捜索を行っています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース