火が出たときには「酸素を遮断」もしもの時の対処法 フタや濡れタオルで

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.09.16 18:48

今回、火のついたラードに水をかけたことが大きな火事につながりましたが、このような火事は家庭でも気をつけなければなりません。札幌市消防局によると、もし天ぷらなどの料理中に油に火がついた場合は「鍋にぴったりあうサイズのフタをする」「大きめのタオルを濡らしたあとよく絞り鍋を覆って酸素を遮断する」ことが重要だということです。ただ、火が大きくなった場合は消火器を使うか、消防に通報してほしいと話しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース