17日採決へ「核のごみ」最終処分場問題 北海道・神恵内村 調査応募求める請願を審議

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.09.16 12:18

核のごみの最終処分場の選定をめぐって、北海道・神恵内村の村議会では調査の応募を求める請願についての審議が16日から始まります。

(松谷堅志議員)「請願者の声だけではなく住民の声もある。その辺も配慮したい」
(稲葉寛久議員)「地域にとっては避けて通れない問題。真摯に対応して粛々と進めていく」
神恵内村では8人の村議全員が出席する16日の常任委員会で、核のごみの最終処分場の調査応募を求める請願について審議されます。村の商工会が提出した請願は「原子力と共存共栄の精神を持つ神恵内村が文献調査に協力するのは当然」だとして取り組みの促進を訴えています。請願は17日までの村議会で採決される見通しとなっています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース