<雨が降り続き…土砂崩れの恐れ>北海道北斗市が避難準備情報を出し高齢者らに早めの避難を呼びかけ

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.09.16 05:55

北海道南部を中心に雨が降り続いている影響で、北斗市では山から沢水があふれ出し土砂崩れの恐れがあるとして、市は避難準備などの情報を出し高齢者らに早めの避難を呼びかけています。

道南では先週末から湿った空気が流れ込みやすい気圧配置となった影響で数日、雨が降り続いています。北斗市では、15日午後から断続的に雨が降っていて、北斗市市渡地区では山から沢水があふれ出し土砂崩れの恐れがあるということです。水は付近の住宅の近くまで迫っているため、北斗市は15日午後6時半すぎ避難準備などの情報を出し、高齢者などの早めの避難を呼びかけています。市は避難所を市渡会館に設置しこれまでに1世帯4人が避難しているということです。
(避難してきた人)
「(家の)裏すぐ山なんですけど、山のほうを見たら泥水が流れてきていて、きょうみたいになるのは35年くらい経つけど初めて」
道南では雨のピークは過ぎましたが地盤が緩んでいる恐れがあるため引き続き警戒が必要です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース