菅自民党新総裁誕生 鈴木知事は「大変、心強い」

この記事をシェア

  • LINE
北海道2020.09.14 18:43

菅新総裁誕生に道民は。
(道民)
「やっぱりそうなったんだな。経済の立て直しを最優先にやってもらいたい」
「子育てしやすい社会をつくってほしい。保育園にちゃんと入れて働きやすい環境を作ってほしい」

自民党道連は13日、党員およそ3万8000人の意向調査を集計。その結果などを踏まえ割り当てられた3票はすべて菅氏に投票しました。
(自民党道連 長谷川岳参院議員)
「自民党道連として期待している。特に鈴木直道知事との関係も良好。地方に目を向けた政治をしていただけると思う」
(自民党 和田義明衆院議員)
「菅新総裁の持ち味というのは大胆な改革と決断力。先日オープンしたウポポイも大変応援して下さった方でもあるし、北海道の観光業をしっかり応援してくれるものと思う」
同じ大学のOBで菅新総裁と親交の深い鈴木知事は。
(鈴木知事)
「北海道に対して理解のある方が総裁になられて、今後政権を担われるというのであれば大変心強い。最も可能性があるのは北海道だとかねがね話しているので、そういった観点から北海道のために力を尽くしていただきたい」
新型コロナの影響もあり、厳しい状況に置かれている道内の農家は「食を守る」政策を切に望んでいます。
(旭川市の農家 古屋新さん)
「コロナという得体の知れないものに振り回された半年。食べ物や自然を守る政策、基盤作りをしてほしい」
アイヌ新法の成立や民族共生象徴空間=ウポポイの開業など、アイヌ民族の尊重に力を注いできた菅・新総裁。
(白老アイヌ協会 山丸和幸理事長)
「われわれアイヌにとっては、先住民族として位置づけられたが、全然肉付けも何もされていないので、国としてどういう政策ができるのか、アイヌに寄り添った政策を作り上げてほしい」
一方、いまだ道半ばなのが北方領土問題です。元島民は。
(歯舞群島出身 角鹿康司さん)
「決まったことは決まったこと。北方領土はこれから大変厳しいと思うが、報告をロシアにしながら決まったことを電話会談しながらすぐに取りかかってほしい」
道内の課題にどう向き合い解決していくのか。菅・新総裁は16日に国会で総理大臣に指名され、新内閣が発足する運びです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース